ホーム猫小説・猫文学「猫と妻と暮らす〜蘆野原偲郷」 【状態B】
商品詳細

「猫と妻と暮らす〜蘆野原偲郷」 【状態B】

販売価格: 500円 (税込)
[在庫数 1点]
数量:
ある日、家に帰ると、妻が猫になっていた…そんなばかな、こんな奇怪な現象。うっかりするとマンガ的なイメージになりがちな設定だが、実に落ち着いた、しっとりとした語り口で物語が進んでいく。もうそれだけで、この本を最後まで読まなければ!という気持ちにさせるのはさすが。

主人公は若き研究者・和野和弥。最初の3ページで、この「妻が猫になってしまった」話がつづられており、そこから、少しずつ、じわじわと、猫になってしまった妻の役目や和弥が背負う宿命などが解き明かされていくのだが、その過程はいかにも小路ワールド。
実は和弥は、古き時代から続く蘆野原一族の長筋の生まれ。人に災厄をもたらすモノを祓うことが出来る力を持つ。同じ里の出で、事の見立てをする幼馴染みの美津濃泉水らとともに、和弥は変わりゆく時代に起きる様々な禍に立ち向かっていく。

目次も、壱「風竜」「古童」「晩唱」や、参「屋鬼」「燈生」など、興味をそそる。

●販売価格:500円(税込)
●元の定価:1500円(税別)

●小路幸也(著)
●発行所:徳間書店
●発行年:2011.06.30 初版
●本のサイズ:132mm☓188mm 248ページ
●本の状態:B(カバー、帯あり。カバーの背の上に少々めくれ、破れあり。その他本体はめくり跡もなくきれいで、読むにはまったく問題ない状態です)